私どもは、凹みの大きさを計測する場合、ボディの斜めからライトを当て、正確な凹みの「始点」から「終点」を計測します(景色が歪んで見えます)。



正面から見ると、1cm程のへこみに見えても、実際にはそれよりも大きい凹みの場合があります。

これは、お客様から送っていただいた写真です。


「始点」「終点」をきちんと見極めないと、元の車のラインに戻りません。

デントリペアのLEDライトで照らした状態

実際にお伺いし、直接ヘコミを確認します。
ボディの横や斜めからライトを当て、正確な凹みの「始点」から「終点」を見つけます。


一台一台に向きあうデントリペアは、腕の差が出る「一発勝負」

さらに車のボディに近づけて透かした状態で見た凹み

私どもは、凹みの大きさを計測する場合、ボディの斜めからライトを当て、正確な凹みの「始点」から「終点」を計測します(景色が歪んで見えます)。正面から見ると、1cm程のへこみに見えても、実際にはそれよりも大きい凹みの場合があります。

デントリペアの料金表を見て、「1cmくらいかな?」と問い合せしてみると、「3cmですね」と言われることもあるのは、この差です。

デントリペアは査定額が下がらない。

凹みの「始点」から「終点」までが全くわからない、購入時と変わらないようにする「技術」がデントリペアです。ですから、査定額が下がる心配もありません。

できれば「激安」を謳うところよりは、「腕」のいいところでされることをおすすめいたします。